Loading...

マイクロウェーブ治療器(LAN-01)


マイクロ波治療(温熱療法)の原理
-マイクロウェーブ-

原理は高周波誘電加熱と同じです。損失係数の大きな誘電体に照射されたマイクロ波は、 エネルギーを失いながら物質内部を伝播していきます。 このエネルギーは、高周波誘電加熱の場合と同じプロセスで誘電体分子の双極子を回転・衝突・振動・摩擦させ、これによって内部発熱を引き起すという原理です。

  1. がん細胞は41℃あたりから死滅し始め、42.5℃以上では生命を維持することができません。
  2. がん病巣にマイクロ波を照射させることによって、がん病巣を温め死滅させるというものです。
  3. 癌細胞壊死の作用機序

がん細胞は、成長するにつれてがん病巣への血流を多くして、酸素不足・栄養不足を解消しようとします。
そのため、がん病巣へ血流を増加させるために、がん細胞自ら新たな血管を作り出して栄養吸収するための補給経路を確保しようとします。
また新たな血管を作り出すことによって、がん細胞が他の臓器へ転移していく経路を確保しているとも考えられています。
但し、この血管は患部から血液を垂れ流すような極めて粗雑なつくりであり、また熱にも弱い作りとなっている。
☆マイクロ波による照射熱でそうした新生血管を破壊し、がん細胞への酸素・栄養経路を絶ち、がん細胞を死に至らすという治療法です。


お問い合わせ